それな!ブログ

それな!~共感~は世界平和の合言葉

RADWIMPS 「空窓」を聴いた感想の話

 

こんばんは!

最近は少しずつ暖かくなってきて、出不精の私も少しずつお出かけすることに抵抗がなくなってきて嬉しい限りです。

(出不精であり、デブ症である・・・自覚はあります、はい・・・)

 

そんな中、私の最近のマイブームはズバリ!

 

ライブにいくこと!

 

なのだああああ!(どんどん!ぱふぱふ!)

 

実は昨日も地元のライブハウスに最近気になっていたバンドのライブに参戦してきたのでアール!

この話も興奮冷めやらぬ間に書きたいのだが、今日の所は穏便に済ませて下せえダンナ。

また機会があったら語らせていただきやす。

 

RADWIMOPS 「空窓」 を公開

そう、今日話したい内容はタイトルにもあるとおり、私の青春時代を全て知っているバンド、RADWIMPSの4/8に公開となった、「空窓」について。

 

まだ聴いていないという方は、まずは聴いてみて!

下記にユーチューブのリンクを載せておきます↓↓↓

 

youtu.be

 

この曲は概要欄にもあるとおり、3.11の被災者である福島県浪江高校の卒業生の声を基に作成されたようです。

RADWIMPSは過去にも3.11の震災を歌った曲を公開しています。

しかし、今回は実際の“声”を参考にしているということもあり、これまでのどの曲よりも具体性にとんだ情景描写や心情が歌われているなあと感じました。

 

当たり前の日常は当たり前でないことでできている!?

その中で特に私が心を奪われたフレーズがあります。

 

“さよならをちゃんと言える別れは幸せなのかもなんて思ったよ”

 

思わず胸が熱くなりました。

今まで人並みに人間関係を構築し、そのたびに出会いと別れを経験してきました。

きちんと別れの挨拶を言えた人もいれば、なんとなく別れたたままもう何年も顔を合わせることもなく、今後二度と会わないだろうなと思う人も多くいます。

正直どんな別れ方が理想なのかも、なにが正解なのかもわかりません。

だけど、別れをきちんと言葉にできた別れは幸せなんだな、そんなことを教えてくれました。

 

人間生きていれば大小様々な出会いと別れの繰り返しだけど、当たり前のことを当たり前に思うわないこと。

いろんな曲でも教えてもらっているけど、また改めてその大切さに気づかせてもらいました。

 

6月にライブツアーが始まりますね!楽しみ~!!!

 

それでは、今日はこの辺で~

「それな!」と共感した方は、いいね、コメントよろしくです♪

 

 

~「それな」は 世界平和の アイコトバ