それな!ブログ

それな!~共感~は世界平和の合言葉

これから結婚式の方は必見!結婚式で歌うおすすめの歌!

 

わたくち25ちゃい。独身貴族。

社会人としてつまらない生活を送っていますなう。

しかしこんな私にも自慢の彼女がいます(照れ)

 

彼女のスペックは、

・東北地方在住23歳(遠距離んぐ)

・身長が小さい橋本環奈(全国のファンの皆さん、ごめんなさい)

 

まだ付き合って間もないですが(ので)、彼女のことが大好きです←

 

「そんなお前の惚気なんて聞きたくねえんじゃあほんだら!」

そんなあなたの意見は至極正論。

 

じゃあ何で語ってるのかだって?

そんな冴えない社会人にも夢があるんです。

 

 

それは、

 

結婚式で自分が大好きなアーティストの、大好きな曲を弾き語る

 

ということなのです。

 

 

歌はハートや!

 

昨年可愛がってもらっている学生時代の先輩の結婚式に出席させてもらって以来、結婚式の動画をYouTubeで定期的に見るようになりました。

その中で、特に新郎がピアノ等をひきながら一生懸命歌を歌う姿を見て、自分も愛する人との結婚式に、好きな曲を歌いたい!と思うようになりました。

 

ええもちろん、ピアノはもちろん、ギターなんかも触ったことありませんし、中学生のときに授業で使っていたリコーダーもほとんど洗っていなくて変なにおいを醸し出していたほど(どんだけ!?笑)楽器はできません。

 

でも歌はうまさじゃないと思います!

気持ちだと思うのです!!!(迫真)

 

考えてみてください。

今まで触ったことが無かったピアノを結婚式が決まってから仕事の合間を使って練習し、下手ながらも式場で全身全霊気持ちをこめて歌う新郎の姿、感動しませんか!?

 

参加してもらう親族や友人は苦笑いを浮かべるかもしれません。

だけど私の結婚式は私が主役の一人です。

その日ぐらい少しぐらいわがままに付き合ってほしいのです。

 

 

私がおすすめする曲はこれじゃい!

 

「そんだけ言うぐらいだから、さぞかし立派な選曲なんでしょうね?」

立派かどうかは分かりませんが、私が愛してやまないRADWIMPSのある曲を歌いたいのです。

 

それは、

 

「告白」

 

という曲です。

 

実際にボーカルの野田洋次郎が、メンバーの結婚式のために作成した曲のようで、洋次郎のメンバーに対する愛情が滲み出ていてそれがすごくたまらなく好きです。

また、ピアノの演奏が主になっているので、実際に結婚式でも演奏しやすいのではないでしょうか。(笑)

 

もう歌詞の最初からおわりまで全てが好きなのですが、特に好きな部分が、

 

二人で一緒に風邪を引こうよ

午前三時の夢を抜け駆けしよう

 

おわかりだろうか・・・

 

この一緒にいることが当たり前の生活の中で許された二人の特権を、ここまで秀逸に表現された歌詞の素晴らしさを!

 

これから二人で供に生きていく誓いと、楽しいことも悲しいこと、辛いことも二人で乗り越えていこうという相手への愛情がひしひしと伝わってきます。

 

この歌詞以外にも、二人でいることが当たり前となっている関係の中で、その幸福さが巧みに、なおかつ素直に表現されているとても素晴らしい歌なのでぜひ一度聴いてみてください!!!

(こちらはPV無い曲なので載せることができません。とっても残念!!!)

 

 

この大好きな曲を、愛する彼女との結婚式で歌えるよう、これからも彼女を大切にしていきたいと思いマース^^

(結局最後は惚気でしめるんかいっ)

 

 

「はじめて聴いたけどすごくいいな!」という方、また「わかるー!それな!」と共感してくれた方はいいねをお願いします。

 

また来るべき結婚式の日のために、他にもおすすめの曲があればぜひコメントで教えてください!

 

加えて、この曲を聴いた感想ぜひコメントでお待ちしております♪

 

 

~「それな」は 世界平和の アイコトバ

 

 

数学の話~なぜさいころ1つを1回投げ、1が出る確率が1/2でないのか~

 

あなたは確率の概念をきちんと理解していますか?

なんとなくでやり過ごしていませんか?

タイトルの理由をきちんと説明できますか?

少なくとも私はできません!!!笑

典型的な文型脳であり、数学が大の苦手であったため、数学もなんとなくで理解したつもりになっていました。

今回は私とお仲間方に、私が身につけた知識を用いて分かりやすく説明にチャレンジしたいと思います。

 

同様に確からしいとは!?

 

確率を習ったときに、このようなややこしい日本語が教科書に太字で大きく掲載されていたことを覚えていますか?

 

起こりうるどの場合も同様に確からしいとき、確率は~

 

同様に確からしい・・・?

 

なんじゃそりゃー!!!

 

確かなの?確かじゃないの?

もーそういう日本語のあいまいなところがすきだわ!(こんな物好きは私だけ?笑)

一見すると分かりにくいですが、確率はこの日本語が表すことを理解できるようになると、確率の理解がものすごくよくなります。

 

なぜさいころ1つを1回投げ、1が出る確率が1/2でないのか

 

ここでタイトルにもある問いについて考えてみましょう。

 

「だって出るか出ないのかの話だから、それぞれ1/2になるんじゃないの!?」

 

おっしゃりたいことは禿同です。

昔の私もそうでした。

そんなあなたのために、確立という概念をこのさいころの問いに関して砕けた説明をしてみましょう。

 

かけているさいころではダメ?

 

この問いの場合投げるさいころは必ず正六面体でなければなりません。

なぜなら面の大きさが異なるさいころであれば、各面が出る場合の数(いわゆるパターン数)が異なるからです。

これは想像しやすいでしょう。

面の大きさが異なれば、大きい面はその分出やすくなりますよね?

つまり、1~6までの面が出る可能性がほぼ同じ条件でなければならないということです。

(ほぼと表現したのは、そもそも確率という概念が絶対が無く、その起こりうるであろう可能性を表すから、という風に考えてください。)

ここまで理解できるでしょうか。

ここまでくればあと一歩です。

 

さいころの出る目のパターンは6通り

 

この問いに対する確率は、

 

「1」がでる場合の数/さいころの全ての面が出る場合の数

 

という式で表されます。

そこで先ほど確認した、「起こりうるどの場合も同様に確からしいとき~」という概念が登場します。

さいころを1回投げたとき、出る目の場合の数(パターン)は1~6まで6通りありますよね。

その上で1の出るパターンは1つであり、1以外が出るパターンが5つあることも理解できると思います。

つまり、タイトルのように考えると、確率のそもそもの概念である、「起こりうるどの場合も同様に確からしいとき~」という理屈に合わなくなってしまうのです。

 

そのため確率を考える場合は、

場合の数(パターン)が同様に確からしいということを前提としているのです。

 

 

いかかでしたでしょうか?

上記したとおり私は数学が苦手ですが、確率は日常生活でもよく使う考え方なので、がんばってマスターしました。

これを機会に確率の考え方を少しでも理解してくれる人が増えたら幸いです。

 

最後に。

私の愛するバンド、RADWIMPSに「最大公約数」という曲があります。

数学の最大公約数という概念を、愛する人への愛情へと巧みに表現した曲となっています。

これを聴けば、最大公約数の概念も理解できるかも?(おそらくできません笑)

ぜひ聴いてみてください^^

(今回はPVが無い曲なので掲載できません。申し訳ない。)

 

 

ためになった!という方は、いいねをお願いします。

また「ここ間違っているよ!」、「もっと分かりやすい表現があるよ」ということも湖面で優しく教えてください!

加えて、この曲を聴いた感想ぜひコメントでお待ちしております♪

 

 

~「それな」は 世界平和の アイコトバ

 

 

 

 

 

あるある!?時計の針が止まって見える現象には名前があった!?

 

多くの人が経験したことのある、「時計の針が止まって見える現象」

これに名前があったこと、ご存知でしたか?

クロノスタシスという錯覚の一部だそうです。

 

 

眼球がサッカードと呼ばれる速い眼球運動の直後に目にした最初の映像が長く続いて見えるということらしい。

(クロノスタシス - Wikipedia 参照)

 

 

誰しもが、「あっ!時間が止まった!!!」と一度は夜中に叫んだことがあるはずです。(私だけでしょうか←)

人間の脳っていうものは実に面白いですね。

 

 

このクロノスタシスを題材に扱った曲で、きのこ帝国の「クロノスタシス」という曲があります。

落ち着いたリズムの中で、ボーカルの透き通った声が印象的なとてもムーディーな雰囲気の曲なので、夜中に布団の中でイヤホンでこっそりと聴くことをおすすめします^^

詳細はこちらをチェック↓↓↓

youtu.be

 

「それな!」と共感した方は、いいねをお願いします。

またこの曲を聴いた感想や、他にこんな面白い現象にも名前があんよ!ということもぜひコメントで教えてください♪

 

 

~「それな」は 世界平和の アイコトバ

 

 

 

大人ってなんだ

 

大人ってなんなんでしょうね。

小学生の頃までは「大人」というとてつもなく自分からかけ離れた存在として認めていた。

中学生になると、少しずつ自我が芽生え始め大人の言動を意識しだす。

高校生位になれば、「大人」としても「子ども」としても扱われるようになり、そのハザマで葛藤するようになる。

そして成人した頃に改めて思う。

 

大人ってなんだ

 

「子ども」のころは、大人って立派なんだな、いつか自分も大人になれるんだなという漠然とした意識しかもっていなかった

でもいつの間にか大人扱いされるようになり、勝手に大人として認識されるようになった。

家でも学校でも大人になる方法なんて誰も教えてくれやしないのに。

 

結局「大人」なんてのは“大きい人”なだけであって、図体以外は子どもと大差はない気がする。

大人なんてものは、サンタクロースと一緒で誰かが作りだした偶像だ!

(あ、もちろん私のところにも毎年なにかしらのプレゼントを持ってきてくれるので、サンタクロースはいると思いますよ、はい笑)

 

だから子どもたちには安心してほしい。

 

この世には大人なんてものはいないんだ、と。

 

私も「大人」として見られる外見、年になってしまったので、つい無意識の内に“大人としてのあるべき姿”というものに囚われ意識してしまうことがある。

そんな時こそ、「子ども」のような自由で何事に対しても全力投球できればよいなと感じます。

 

いつまでも“子ども”として、自由に気楽に生きていたいものです。

 

 

こんなまとまらない文章を読んで頂きありがとうございます!感謝!

 

大人ってなんだ

 

この問いは、私が大好きなバンド、My Hair is Badの曲「卒業」の歌詞の一部です。

興味を持って頂いた方はぜひ一度聴いてみてください^^

詳細はこちら↓↓↓

youtu.be

 

「それな!」と共感した方は、いいね、また大人ってこう思う!という意見もお待ちしておりますのでコメントよろしくです♪

 

 

~「それな」は 世界平和の アイコトバ

 

わたしの春うた

今週のお題「わたしの春うた」

 

私にとっての春うたは、flumpoolの「春風」です。

 

この曲を何がきっかけで知ったのかは覚えていませんが、私が高校生のときに初めて聴いて感動したことは覚えています。

 

「この曲を彼女と別れる前に聴いていた」

「友達との思い出の曲です」

だとかこの曲に対する特別な思い出はありません。笑

 

でもしっとりとした曲調の中でまっすぐ胸に突き刺さるボーカルの山村さんの声が何より印象的で、たまに思い出して聴いたときには必ず高校時代部活動に明け暮れながら当時の友人や彼女と過ごしていた日々が思い出されます。

 

この曲で特に好きな部分があります。

 

もしも願いが叶うのならば僕はいつでも君に会いに行く

 

この歌詞がサビの盛り上がる部分で山村さんの力強い声でしっとりと歌い上げられると毎回涙腺が緩んできちゃいます。

 

願いが叶うのならば、ろくに将来のことも考えず、ただ純粋に目の前の日々を生きるのに全力であった君(自分)に会いに行きたいですね。

 

このような特に思い入れのある曲は多くありません。

これからも春風のような特別な曲に会えることを楽しみに、日々の音楽ライフを楽しんで生きたいです♪

 

PVも電車の中でメンバーが歌うシーンと、高校生の男女のストーリー仕立てになっているもので曲調とマッチしている素敵な作品となっていますので、ぜひチェックしてみてください↓↓↓

 

 

 

youtu.be

 

「それな!」と共感した方は、いいね、コメントよろしくです♪

 

 

~「それな」は 世界平和の アイコトバ

眠れぬ夜に君の名をググった話

 

仕事に疲れ、クタクタになりながら帰った夜。

 

身体は疲れているのに、いやに頭が冴えて眠れない夜。

 

そんな夜は君の名をググってみる。

 

・・・小学生の時水泳で全国大会に出場したんだね

 

泳げないから溺れた時も安心だな☆

 

元ネタはこちらの曲でした↓↓↓

 

youtu.be

 

「それな!」と共感した方は、いいね、コメントよろしくです♪

 

 

~「それな」は 世界平和の アイコトバ

 

 

 

RADWIMPS 「空窓」を聴いた感想の話

 

こんばんは!

最近は少しずつ暖かくなってきて、出不精の私も少しずつお出かけすることに抵抗がなくなってきて嬉しい限りです。

(出不精であり、デブ症である・・・自覚はあります、はい・・・)

 

そんな中、私の最近のマイブームはズバリ!

 

ライブにいくこと!

 

なのだああああ!(どんどん!ぱふぱふ!)

 

実は昨日も地元のライブハウスに最近気になっていたバンドのライブに参戦してきたのでアール!

この話も興奮冷めやらぬ間に書きたいのだが、今日の所は穏便に済ませて下せえダンナ。

また機会があったら語らせていただきやす。

 

RADWIMOPS 「空窓」 を公開

そう、今日話したい内容はタイトルにもあるとおり、私の青春時代を全て知っているバンド、RADWIMPSの4/8に公開となった、「空窓」について。

 

まだ聴いていないという方は、まずは聴いてみて!

下記にユーチューブのリンクを載せておきます↓↓↓

 

youtu.be

 

この曲は概要欄にもあるとおり、3.11の被災者である福島県浪江高校の卒業生の声を基に作成されたようです。

RADWIMPSは過去にも3.11の震災を歌った曲を公開しています。

しかし、今回は実際の“声”を参考にしているということもあり、これまでのどの曲よりも具体性にとんだ情景描写や心情が歌われているなあと感じました。

 

当たり前の日常は当たり前でないことでできている!?

その中で特に私が心を奪われたフレーズがあります。

 

“さよならをちゃんと言える別れは幸せなのかもなんて思ったよ”

 

思わず胸が熱くなりました。

今まで人並みに人間関係を構築し、そのたびに出会いと別れを経験してきました。

きちんと別れの挨拶を言えた人もいれば、なんとなく別れたたままもう何年も顔を合わせることもなく、今後二度と会わないだろうなと思う人も多くいます。

正直どんな別れ方が理想なのかも、なにが正解なのかもわかりません。

だけど、別れをきちんと言葉にできた別れは幸せなんだな、そんなことを教えてくれました。

 

人間生きていれば大小様々な出会いと別れの繰り返しだけど、当たり前のことを当たり前に思うわないこと。

いろんな曲でも教えてもらっているけど、また改めてその大切さに気づかせてもらいました。

 

6月にライブツアーが始まりますね!楽しみ~!!!

 

それでは、今日はこの辺で~

「それな!」と共感した方は、いいね、コメントよろしくです♪

 

 

~「それな」は 世界平和の アイコトバ